シロタ株

風邪によく効く乳酸菌

乳酸菌はいつも元気なときだけ飲めばいいというものではありません。
風邪を引いたときにも役に立つことがあります。
風邪を引きやすい時期というのは、夏から秋にかけての時期や冬の時期です。

年末年始などもつい多忙になってしまい、自宅に帰ってきてそのまま寝てしまうことがあります。
そんなときに風邪を引いてしまうことが多いのです。
風邪の予防法にはいろいろあります。

手洗いやうがいなども一つの方法です。
さらに流行のあるインフルエンザなどへの対策は、ワクチン接種が有効だともいえます。
しかし、こうした万全の対策を行っていても、インフルエンザにかかることはいくらでもあります。

これも流行したインフルエンザとワクチンが合わなかったことから起こるものです。
そのため、ワクチンを接種したからといって、気を抜いているとやはり風邪にかかってしまうことになります。
そうした風邪の対策はあまり効率のよいものではありません。

ウイルスに負けないような体を作ることも大切です。
乳酸菌はそんな風邪の対策に最も効果的な食品です。
ヨーグルトの乳酸菌は免疫力をアップさせる効果があります。

そして、もしインフルエンザに感染したとしても、その後症状が重くなることもないわけです。
つまり、乳酸菌が体の防御力を高めることで、いろいろなウイルスの感染を防ぐことができるということになります。
こうした乳酸菌の効果はとても優れたもので、他の対策方法と併せて行うと大変よい効果が現れます。

風邪やインフルエンザの原因となるウイルスは、口や鼻から侵入します。
そのため、鼻や気道の粘膜表面の線毛がウイルスや雑菌を咳などで追い出します。
線毛の働きは水分を必要としますので、水分補給も重要です。
乳酸菌と水分補給を行うことで、より強力な風邪やインフルエンザ対策を行うことができます。
乳酸菌はヨーグルトタイプのものやサプリメントタイプのものがありますので、自分に合ったものを選んで毎日乳酸菌を摂取するようにしてください。

このページの先頭へ