シロタ株

腸内の善玉菌と悪玉菌

乳酸菌を語る前にウイルスや細菌の話についてしておきましょう。
ウイルスや細菌は、私たちにとって有害な存在として捉えられています。
大腸やその他消化器官の中には、腸内細菌や大腸菌、ブドウ球菌などの有害な細菌もたくさん含まれています。

その中には乳酸菌といった体に有益な細菌もたくさん含まれています。
こうして考えると、有害なものや有益なものが体の中には同時に存在しているということになります。
腸内細菌としては、有害なものは悪玉菌と呼んでおり、有益なものは善玉菌と呼んでいます。

善と悪といった対比にもなっていますが、これらの細菌はどんな人であっても腸内に持っているものと考えてください。
他に普通の状態では何も変化はありませんが、ある一定の条件下では、善玉菌や悪玉菌に変化するものがあります。
そして、腸内の細菌の数というものは、とても多く種類にすると100種類、数にして100兆個の大量の腸内細菌が存在しています。

こうした腸内細菌は、食べ物や老廃物を発酵させたり、腐敗させたりして繁殖しています。
腸内の状態は、顕微鏡などでのぞいてみるとたくさんの細菌が群生しています。
細菌が花畑のような形になって密集しているように見えるというわけです。

そこでこのような状態を腸内フローラと呼んでいます。
腸内フローラは、腸内の環境を表すバロメーターになっており、バランスが崩れたり、有害な毒素が増えると、下痢や便秘が起こるようになります。
場合によっては、ガンにつながる恐れもあるので、腸の状態には十分気をつける必要があります。

腸内フローラの状態を改善するものが善玉菌です。
善玉菌で有名なものは乳酸菌です。
乳酸菌は、乳糖やオリゴ糖を分解して、乳酸や酢酸を作り出します。

そして、悪玉菌の繁殖を抑える働きもあります。
悪玉菌が減ると、腸の機能がアップし、健康な状態を維持することができます。
できれば、乳酸菌を含む食べ物を食べ、腸内を乳酸菌で満たし、善玉菌の多い状態に保ちましょう。
乳酸菌が体内でどのようなはたらきをするのかや、多く含まれている食品がこちらのサイトで紹介されています。
ヨーグルトに含まれているイメージが強いですが、他にもわたしたちが身近に食べている食品にも含まれていることがわかるでしょう。



このページの先頭へ