シロタ株

風邪の時こそ乳酸菌を食そう。

健康を維持するために何か体にいいことを行っているでしょうか?例えば、ウォーキングやストレッチ、さらにジムやフィットネスに通うなどの方法があります。
食生活についてはどうでしょうか?食生活は規則正しく決まった時間に3食食べるようにしましょう。
間食は控え、バランスのよい食事を心がけるようにしてください。

しかし、これだけでは少し物足りないかもしれません。
忙しいときには、健康のことも忘れてしまい、ハードワークが続き不規則な生活が続くようになります。
そんなときに風邪を引いてしまったり、体調を崩してしまうようです。

そこで食べ物から体調管理を考えるなら乳酸菌を摂取することが一番手軽で効果のある方法だといえます。
風邪やインフルエンザにかかりやすい人は、体の免疫力が低下しています。
免疫力はウイルスなどの病原菌に対する抵抗力がなくなるため、風邪だけではなく他のいろいろな病気にもなりやすくなってしまいます。

乳酸菌は、こうした風邪の症状を未然に防ぐことに有効です。
乳酸菌は腸の働きを整える作用があります。
腸と免疫力はあまり関係のないような気がします。

しかし、免疫機能は腸の調子によって変わることがほとんどです。
つまり、胃腸の調子がいいという人は、免疫機能が正常な働きをしているものと考えてください。
腸内には善玉菌と悪玉菌が存在しますが、悪玉菌は体に悪い影響を与え、免疫力を低下させます。

そして、病気になりやすくなるというわけです。
悪玉菌が体の中で増えてしまうと、ウイルスや病原菌が増えやすくなります。
そのため、善玉菌を増やしていく必要があります。

乳酸菌は、善玉菌でもあり、善玉菌を増やす効果もあります。
また、乳酸菌はナチュラルキラー細胞を活性化させる働きもあります。
ナチュラルキラー細胞は、ウイルスやガン細胞も攻撃してくれるものです。
病気にかかる前やかかった後も乳酸菌の効果は絶大です。
風邪を引きやすい時期、風邪を引いた後も乳酸菌をマメに摂るようにしてください。

乳酸菌といってもたくさんの種類がありますので、その中から自分に合った菌を見つけるのにはとても時間がかかります。
早く自分に合う乳酸菌を見つけたい方はhttp://ourtribe.mobi/seity.htmlでも紹介されているようなサプリメントタイプがおすすめです。
サプリメントには複数の種類の菌が含まれていますので、合う種類を早く見つけ出すことが可能です。
またKW乳酸菌についても知っておきましょう。

このページの先頭へ