シロタ株

生きて腸までちゃんと届いているの?

乳酸菌は生きているものです。
そして、腸内で活躍するものですので、途中で死んでしまったり、腸まで届かないようなものは、あまり意味がありません。
そこで同じような乳酸菌商品でも腸まできちんと生きて届いているのかどうかが一番気になるところです。

ヨーグルトなどの乳製品では、乳酸菌が含まれているといっても、胃酸に負けて結局は腸内まで届かずに単においしい乳製品で終わっているものもあります。
こうした商品には少し気をつけたほうがいいでしょう。
生きたまま腸に入った乳酸菌は、腸の中でも生命を維持し、ブドウ糖や乳糖などを分解し、乳酸を生み出し、どんどん増えていきます。

腸内環境は少しずつ酸性に変わっていきますが、悪玉菌が減っていきます。
乳酸菌を含めた善玉菌が増えることによって、健康も維持できるようになります。
乳酸菌にもいろいろな種類がありますが、腸まで届くものや届かないものがあります。

胃酸や胆汁酸に弱いものはやはり死滅してしまいます。
さらに腸を通り過ぎて、便として排泄された後にも生き残るものがあります。
商品を選ぶときに、はっきりとした効果を期待しているなら、菌が生きたまま腸まで届くということが明記された商品を選ぶようにしてください。

生きた乳酸菌であっても、体温やPHによって生存率が変わります。
また、死んだ後の菌であっても、腸内で有効な働きをするものがあり、まだ全てのことはわかっていませんが、死んだ後も働く菌にはどのような効果があるのか、まだまだ研究が続いているとされています。
菌の生存率を上げたいと思うなら、保存方法は決められた通りにし、加熱などをして食べないようにしてください。

これもやはり乳酸菌は生きたままが一番いいものだからです。
正しい飲み方をして、いい乳酸菌を体の中に摂り入れるようにすれば、善玉菌が増えていきますので健康になることは間違いないでしょう。
乳酸菌の力を十分に発揮できる環境作りも大切です。
最近では生きたまま腸に届きやすいように開発された乳酸菌もありますので、そういった種類であれば死滅せずに届けることができるでしょう。

このページの先頭へ