シロタ株

生きて腸まで届いている乳酸菌

乳酸菌は腸内で働く善玉菌として考えられています。
しかし、問題はとても弱い存在であることです。
腸に到達するまでには、胃や十二指腸を通ります。

そのときに、胃や十二指腸で分泌されている胃酸や胆汁が乳酸菌を死滅させてしまうからです。
それだけ胃酸や胆汁の効果が強いものであるということを物語っています。
そして、メーカー側でも乳酸菌が生きたまま腸まで届くように、日夜開発努力が行われているといってもいいでしょう。

生きて腸まで届けるためには、単純に考えるとその数を増やす方法があります。
そこで1本の商品に入れられていた乳酸菌の数を150億個から300億個や400億個といったように、2倍から3倍の数を一つの商品に詰められるように開発をしています。
しかし、こうした開発方法は、乳酸菌の数を増やせば、腸まで届く乳酸菌の数もより多くなると考えていることになります。

うまくいけば、たくさんの菌が腸に届くわけですが、たくさん腸に入ったからといって、そこに住み着くわけではなく、多くはそのまま流されてしまいます。
そして、体外に排出されるものがほとんどです。
そのため、数を多くしたからといって効果的に腸内での整腸作用が変わるものではないことに注意してください。

こうした考えなら、毎日たくさんの乳酸菌を飲めば同じ効果を得られることになります。
また、たくさん乳酸菌を飲もうと思い飲料タイプやヨーグルトタイプのものをたくさん買い込んでしまう人がいます。
実は生タイプのものは、長期間保存することも難しく、大容量の容器に入れることもできません。

そのため、生タイプのものは、小さな容器に入っていることが多くなります。
そこでサプリメントタイプがオススメです。
使用されているカプセルは胃酸には溶けませんが、腸内でアルカリ性になることで溶けるようになっています。
また、酸に強い有胞子性乳酸菌もあり、環境が悪くても耐えて生きることができるものもあります。

このページの先頭へ