シロタ株

乳酸菌でよく言われるシロタ株

乳酸菌のシロタ株というと、株というくらいですから、投資の話?と思ってしまう人もいます。
そんな人は、まだまだ健康についてはよく知らない人です。
健康のことをよく知っていて健康オタクぐらいになっている人は、シロタ株というと乳酸菌の一種であるということがすぐにわかります。

しかし、乳酸菌を飲むためには、少しくらいは知識を持っておいたほうがいいでしょう。
同じ乳酸菌を飲むにしても、より体にいいものを飲んだほうがいいことは間違いありません。
シロタ株は、ヤクルトが開発した乳酸菌です。

シロタ株は別名ラクトバチルスカゼイのことを指しています。
シロタ株のシロタは、日本人の名前から取ったものです。
代田という人が、ラクトバチルスカゼイを培養し、より強い菌を培養していくことで、できたものがシロタ株になります。

代田と言う人が選別し、培養したものから、こうした名称がつけられています。
つまり、このシロタ株は相当強い菌だということがわかります。
人間の免疫力をアップさせるだけでなく、乳がん発症率も低減してくれるもので、飲んでみて損をすることはありません。

いいことばかりがありますので、毎日でも飲んでみるといいでしょう。
乳酸菌シロタ株は、ヤクルト製品に多く採用されています。
例えば、ヤクルト、ジョア、ソフィールといった商品です。

こうした商品にシロタ株が含まれていることを知らない人もいます。
それでもヨーグルトをよく飲む人は知っています。
以前からテレビCMなどでも放送されていますので、その認知度も上がっています。

ヤクルトはヨーグルト系の商品が多いのですが、サプリメントタイプもあります。
こちらのhttp://xn--fkqz7hlvxwyz8jo.net/kigaruni.htmlにもサプリメントタイプについて詳しく紹介されていますが、このタイプなら消費期限にも気を使うことなく、いろいろな場所で飲むことができます。
味を重視するならヨーグルトですし、手軽さを重視するならサプリメントがいいでしょう。
こうして、毎日飲み続けることで、健康だけでなく、美容にも大変効果のあることがわかっています。
乳酸菌を効率良く摂取するタイミングは空腹時が良いそうです。
ですが、空腹状態でいると胃酸がたくさん出てしまい乳酸菌を死滅させてしまうので何か少し口にしてからが良いでしょう。

このページの先頭へ