シロタ株

人間の最適な善玉菌量は?

人間にとっていい腸内細菌といえば、善玉菌です。
善玉菌として有名で誰でもよく知っているものをいえば、乳酸菌になります。
物事には善と悪があります。

こうした腸内細菌であっても同じように善玉菌と悪玉菌があります。
善玉菌は、体を酸性に保つとても重要な働きがあります。
善玉菌と悪玉菌は常に拮抗した状態で存在していると思ってもいいでしょう。

悪玉菌は多すぎると体に変調をきたしてしまいます。
悪玉菌を減らすためには、善玉菌の十分に働く環境でないといけません。
悪玉菌が増えると具体的には、どんな症状が出てくるのでしょうか?
善玉院は下痢を引き起こし、体をアルカリ性にしてしまいます。

善玉菌が酸性、悪玉菌がアルカリ性となっていますから、両方あると中和されてしまいます。
そこで人間にとって最適な善玉菌量はどのくらいなのでしょうか?
少し知識として知っておくといいでしょう。
バランスでいうと、善玉菌が20だとすると、悪玉菌は10くらいあるといいでしょう。

20と10を足すと30ですから、残り70はというと、どちらでもない日和見菌が多く存在しているものと考えてください。
割合としては、悪玉菌の2倍は善玉菌が必要だということになります。
2:1:7という割合を保っているなら、腸内も安定しており、健康を維持できていると考えてもいいでしょう。

腸内の状態は面白いもので、善玉菌であっても他の菌と会うと、悪玉菌になってしまうものがあります。
腸内細菌の種類もたくさんありますので、いろいろな善玉菌があるものと考えてください。
できるだけ善玉菌を増やすことを考えるなら、乳酸菌やビフィズス菌を意識して体に摂り入れるようにしてください。

飲み物や食べ物として有名なのが、ヨーグルトやチーズ、ヤクルトなどもとても体にいい健康飲料です。
また、乳酸菌サプリメントは手軽に摂取出来ておすすめです。
下痢や便秘が多くなってきたら、こうした乳酸菌やビフィズス菌を含む乳製品を多めに摂り入れるようにしてください。
善玉菌を減らさないように毎日の食事にも気をつけることが大切です。
健康のためにはバランスのよい食事も大切なことです。
みなさんも乳酸菌で健康生活はじめてみませんか。

このページの先頭へ