シロタ株

乳酸菌とプロバイオティクス

乳酸菌とプロバイオティクスについて解説してみましょう。
プロバイオティクスは、一言でいうと人間の体に対していい働きをしてくれる細菌のことを指しています。
人間の腸には、数百種類の細菌がいるとされています。

数にすると100兆個だともいわれています。
そうした腸内細菌は、種類ごとにまとまって存在しています。
そして、まるでお花畑のように見える様子から腸内フローラと呼ばれています。

腸内フローラは日本語でいうと、腸内細菌叢と呼ばれています。
腸内環境はこうした腸内フローラをうまく保てるかどうかが鍵となります。
プロバイオティクスは、腸内フローラのバランスを改善し、体にいい働きをしてくれる微生物のことを指しています。

プロバイオティクスは、イギリスのフラー博士によって提唱された言葉です。
体によい作用をもたらすものといえば、乳酸菌がすぐに思い浮かぶでしょう。
その他には、ビフィズス菌http://www.noonvalero.com/bihuxizusu.htmlがあります。

プロバイオティクスの商品http://www.knews.jp/buroba.htmlは、数多くの研究開発がなされたため、たくさんの種類が販売されていることになります。
プロバイオティクスに対応するものとして、アンチバイオティクスと呼ばれるものがあります。
アンチバイオティクスは、抗生物質という意味ですが、菌を殺して体を守ろうとするものです。

明らかにプロバイオティクスとは違ったアプローチになっているのがよくわかります。
プロバイオティクスの代表が、乳酸菌です。
乳酸菌は、腸内が酸性になることで、悪玉菌の増殖を抑えます。

そして、腸の機能が活性化されて、消化吸収が促進されるというわけです。
便秘や下痢で悩んでいるなら、プロバイオティクスの乳酸菌を摂取するといいでしょう。
胃酸が多いと腸まで生きたまま届かないため、食物繊維やオリゴ糖と一緒に乳酸菌を摂取すれば、生きたまま腸まで送り届けることができ、善玉菌を増やすことができます。
プロバイオティクスは、乳酸菌が多くなっていますが、漬物やキムチなどにも含まれています。

このページの先頭へ