シロタ株

花粉症の方必見!乳酸菌を試そう!

春先から初夏に掛けて花粉症のシーズンがやってきます。
春の時期は本来ならとても待ち遠しいものです。
そして、外の気温も暖かくなって、どこかに出かけたくなります。

ところが、花粉症のために、マスクをしたり、スプレーをしたり、薬を飲んだりする人が多くなる季節でもあります。
そんな花粉症に効くものといえば、乳酸菌になります。
乳酸菌を摂取すると、花粉症の症状が出にくくなります。

花粉症の症状は、特に異常な状態ではなく、体の免疫システムが正常に働いているものだと考えてください。
そして、花粉症は特に過剰に反応した結果として起こる症状になっています。
この過剰反応を抑えることができるものが、乳酸菌になります。

乳酸菌は体の免疫システムを正常化する働きがあります。
また、花粉などのアレルゲンは、口から胃腸を経由して体内に入ってきます。
腸内に乳酸菌が多くなると、腸内で花粉をはじめとしたアレルゲンの体内への取り込みを阻止することができます。

まだ乳酸菌を飲んでいないという人は、できるだけ早めに対策を行うことが必要です。
スギやヒノキの花粉は早い時期から飛び始めます。
その3ヶ月くらい前から乳酸菌を含んだ食品を毎日摂取するようにしてください。

たくさん食べるというよりも、毎日一定量を欠かさず食べる、または飲むといった感じになります。
花粉症は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどになります。
花粉症の症状が出てしまったら、乳酸菌を摂取することと同時に、ヒスタミンの放出を抑えるてん茶、赤シソ、ペパーミント、ルイボスティーなどがいいでしょう。

ルイボスティーにはポリフェノールが含まれています。
乳酸菌はあらかじめ花粉症を予防するときに摂取するべきですが、下痢や便秘もよくなるなど、とてもいい効果があるといえるでしょう。
食べるものにも気をつけながら、花粉症対策を行っていきましょう。
乳酸菌でもだめなら、食事を工夫して改善することが必要です。
乳酸菌の摂取方法は様々ですから、自分に合う摂取方法を見つけましょう。

このページの先頭へ