シロタ株

乳酸菌に弱点はあるの?

いいことばかりを書いてきましたが、乳酸菌にもよくないことや弱点はあるのでしょうか?もしあるとしたら、どのようなものでしょうか?体の中に摂り入れるものですので、いいことばかりではなく、悪いことも知っておきたいと思うはずです。
乳酸菌は、便秘や下痢にいいとされるだけではなく、美容にもいいとされており、免疫力もアップするなどその効果には目を見張るものがあります。
体にいいとされますが決して万能薬のようなものではありません。

実際には弱点もあり、その弱点をよく知った上で摂取すると、より効果的なのはいうまでもありません。
乳酸菌は腸まで生きて届けるということが、キャッチフレーズとして使われることがあります。
腸までというところが問題で、多くの菌は、胃で死んでしまうことが多いとされています。

体にいいものであっても、酸に会うとすぐに死んでしまうというわけです。
特に腸に行くまでには難関があり、胃の中の酸は人それぞれで濃度も違っています。
さらに、乳酸菌は酸素に触れると弱くなるものなので、その状態で製造された商品は、あまり役に立たないものがほとんどです。
それだけではありません。

他の菌と合うと悪玉菌になってしまうなど、とてもデリケートなものです。
こうして考えると乳酸菌の弱点はすぐに死んでしまうことで、とても弱い菌だということになります。
メーカーの研究開発の結果、生きたまま腸にまで届けることができる技術が出来ました。

さらに死滅した乳酸菌も腸内で生きた乳酸菌のエサとなって一定の役割を持っているようです。
そのため、弱点はそれほど気にする必要はなくなっています。
ですから商品を選ぶときには、先ほどにもあったように生きたまま腸まで届く商品を選ぶようにしてください。
乳酸菌をデザートのような感覚で食べることは、少しもったいない気がします。
やはり体の健康を考えて、健康や美容にいいものだとして食べたほうが効き目もよく出るようになります。
乳酸菌はオリゴ糖と相性が良いので、セットにして摂ると高い便秘解消効果が期待できるようです。

このページの先頭へ