シロタ株

乳酸菌に含まれる弱点

乳酸菌といえば、万能の薬のような存在です。
健康と美容にいいものです。
さらに生きた菌が体の内部の腸で悪玉菌を潰していき、健康な腸内環境を作り出します。

そして、便秘や下痢もすっかりよくなり、肌の状態も改善していきます。
他には免疫力もアップするなど、乳酸菌の効果はとてもよいことばかりであると考えられています。
しかし、その弱点というと、すぐに思い出せるという人はあまりいないでしょう。

健康食品であっても、万能の効果があるようなものはありません。
例えば、乳酸菌は酸や胆汁酸に殺されてしまいます。
そして、腸内は無酸素状態です。

腸内の菌は嫌気性の菌が多く、酸素に触れている乳酸菌は腸内では生きることができません。
菌の相性も問題になります。
自分の腸に住んでいる菌と合うようなものでないと住み着くことはありません。

こうした弱点をよくみると、乳酸菌が生きているものだということがよくわかります。
それもそのはずで、最近のヨーグルトやサプリメントは、生きて腸まで届くことを売りにしているものがほとんどです。
少し前までの乳酸菌は、多量に飲んだり、毎日飲むことで腸まで生きた菌を送り込むものでした。

しかし、酸から守るカプセルが開発されたり、酸に強い乳酸菌の培養に成功したりとその開発力も少しずつ上がってきています。
乳酸菌は腸内に入ってきてもいつまでもいるわけではありません。
一定の時間がたてばいなくなってしまいます。

また腸に来るまでに死んだ菌も乳酸菌のエサになります。
そうした死んだ菌も体から排出されるようになっています。
そして、時間とともに乳酸菌も死んでいきます。

生タイプの飲料やヨーグルトを食べるときには、できるだけ新鮮な状態で食べるべきです。
買い置きをする必要はなく、数日分買っておいて、なくなったら買うようにすればいいでしょう。
とてもデリケートな生き物です。
目に見えないものであっても生きていることに変わりはありません。
乳酸菌は食べ物だけでなくお酒にも含まれているそうです。
日本食以外からも摂ることができますので、毎日飽きずに食べて摂り続けることができるでしょう。

このページの先頭へ