シロタ株

牛乳と乳酸菌の深い関係

牛乳をよく飲む人は、とても健康に気を配っている人だといえるでしょう。
そして、牛乳と乳酸菌の関係をよく知っているという人もいます。
乳酸菌でよく聞かれる言葉は、ヨーグルトになります。

これもテレビCMや広告などのおかげかもしれません。
ヨーグルトだけではなく、チーズやバターにも含まれているものです。
牛乳は乳製品の原料にもなっているものです。

牛乳を飲んでいれば、ヨーグルトも必要がないともいえるかもしれません。
しかし気をつけなければいけないのは、市販されている牛乳は乳酸菌を含んでいない場合があります。
牛乳の中でも生乳には含まれているのですが、牛乳として製品にするために殺菌をする際死んでしまうのです。

そのため、一般的には牛乳には含まれていないということになります。
牛乳が苦手だという人は、牛乳に含まれている乳糖が胃や腸で分解するときの酵素が少ないということから、お腹がゆるくなってしまうことがあります。
しかし、乳酸菌が入った牛乳やヨーグルトを食べると、これらがが乳糖を乳酸に変えることができます。

牛乳を飲むときに、最初から乳酸菌が入っていれば、安心して牛乳を飲むことができます。
このように乳酸菌は、消化吸収が楽にでき、体の内側から腸内の環境が改善されるようになります。
消化の悪いものを食べるときに、胃腸が弱い人は、乳酸菌のある食品を食べれば、消化吸収が出来るようになっているわけです。

同じ牛乳でも乳酸菌を含んだ牛乳があります。
その中でも低温殺菌牛乳は、殺菌方法を工夫し、できるだけ生乳の成分を破壊しないようにしています。
低温殺菌牛乳は、自然に一番近い牛乳として、牛乳本来の風味や栄養を楽しむことができます。

こうした牛乳は体の免疫力を高める効果があり、乳酸菌を最大限に活かした乳製品だといえるでしょう。
健康に気を使うなら市販の牛乳を飲むよりも、生で絞った牛乳を飲んでみるといいでしょう。
絞りたての牛乳を飲めば、たくさんの乳酸菌が含まれているはずです。

このページの先頭へ